ホーム > 仕事 > 帰化申請 費用 コストと比較優位

帰化申請 費用 コストと比較優位

帰化申請 費用つまりコストは、いつだって考えたくないものだ。費用を支払うために、どれだけの労働をしたかと思うと、そう簡単には支払えない。しかし、コストは、社会的分業の結果、実は、比較優位にたつ作業・仕事に専念したほうが、結果として安くあがるんだよね。帰化申請 費用も同じで、行政書士に依頼するのはもちろんお金がかかるけれど、あれを自分でやろうと思ったら大変 笑。多分、帰化申請 費用の相場は10万から15万円だと思うけれど、自分でやったら、3ヶ月はかかりっきりになっちゃうよ。


関連記事

  1. NPO設立 練馬区

    NPO設立 練馬区っていうと、祖母が住んでいた町なので、けっこう知っています。大...

  2. 入国管理局における在留資格変更の申請

    入国管理局で在留資格変更の許可の申請をするためには、どこへ申請をするのがいいので...

  3. 横浜入国管理局

    横浜入国管理局の案件について、横浜の女性弁護士さんに相談する前に、京急 蒲田の行...

  4. 入管管理局

    入管管理局に行こうと思うと、私達はどの入管に?という選択を迫られます。入管管理局...

  5. 救命救急センターの人気!看護師転職情報

    三日前から、近所の韓国語講座の教室に通い始めました。。ずっと前から気になっていた...

  6. 帰化申請 台湾

    三木清は帰化申請については、何も語らず、しかも著作権切れの文章ですが、じっくりお...

  7. 特別在留許可

    特別在留許可のお話です。特別在留許可は、オーバーステイによって退去強制されそうな...

  8. 帰化申請 費用 コストと比較優位

    帰化申請 費用つまりコストは、いつだって考えたくないものだ。費用を支払うために、...